骨粗しょう症にならないために


骨の新陳代謝のバランスが崩れスカスカになって弱くなり、ちょっとしたことで骨折しやすくなる病気です。
☆⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒☆

骨粗しょう症にならないために
骨の細胞の働き
どんな病気か

☆⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒☆
女性のタメの健康ポータル
-女性専門医が解説-


健康◆healthクリック

骨の新陳代謝のバランスが崩れスカスカになって弱くなり、ちょっとしたことで骨折しやすくなる病気です。

しかし、骨折するまでは自覚症状がほとんどありません。

とくに負担のかかりやすい「太ももの骨の付け根」(大腿骨頸部)や「背骨」(脊椎)の骨折がおこりやすくなります。

圧倒的に女性に多い病気で、女性では閉経期の40〜50歳代から急激に骨量が減少し、60歳代では2人に1人、70歳以上になると10人に7人が骨粗しょう症を起こすような状態になっています。

現在、日本には1,000万人、アメリカ合衆国では3,000万人の患者さんがいるといわれています。

Ask Moon(アスクムーン★女性の医学)


☆⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒☆

骨の細胞の働きMENU

☆⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒☆

友達に教える

2007©骨粗しょう症にならないために